MENU

防滑工事
防滑工事

防滑(滑り止め)について

商業施設などで転んだり、転落したりしたことによる死傷事故が、高齢化と共に増加しています。
今までは、自己の不注意として片づけられたケースでも、管理者の責任が法的に問われるようになってきました。
弊社は、2010年から防滑工事事業に着手し、大型公共設備から個人のお宅まで、最適な滑り止め対策をご提案いたします。

▶ ラージエリアESについて

▶ ラージエリアESGについて

配布広告

※ 防滑工事の詳細については下記「防滑工事なら」をご欄ください。

配布広告 配布広告

すべり測定

近年、歩道橋、駅の通路、ビルや店舗の玄関を始め各建築物の通路、ホールにおいて転倒負傷・死亡事故が急増し、交通事故を上回る勢いで増加の一途をたどっている状況です。
平成24年8月にはバリアフリー新法「高齢者、障害者の円滑な移動に配慮した建築設計基準」が改正され、「床のすべりについて、評価指標はJIS A 1454に定める床材の滑り性試験によって測定される滑り抵抗係数(CSR測定)を用いる」と記されています。

  • JIS 1454 滑り性試験
  • CSR.Bの例・防滑性表示

段差識別

オールグリップハードは塗るタイプの高耐久性滑り止め樹脂です。
階段段鼻部分やスロープにライン状に塗布することで、転倒、転落の危険を回避し安全な歩行を実現します。
耐久性と施工性の良さが高く評価された、これまでになかった段差識別樹脂です。

  • 施工例
  • 施工例
  • 施工例
  • 施工例
特長
  • ◎ 耐摩耗性に優れ、密着力も高く、耐用年数が飛躍的に長い。
  • ◎ 施工時間、養生時間も短く通行の制限は最少。
効果
  • ◎ 踏み込んだ時に確実にスベリを止める。
  • ◎ 下地色とライン色の明度差により、段差及びスロープを明確に識別させ注意喚起ができる。

高耐久性特殊樹脂

耐摩耗性は他の樹脂材と比べ約20倍と高く、大理石と同レベルの耐摩耗性があります。
屋外使用においても非常に耐候性に優れており、紫外線による劣化や変色はありません。

優れた発色性と防汚性、施工後はノーメンテナンスでOK!

VOC(揮発性有機化合物)は一切不使用。溶剤を使用していないので無臭はもちろん、硬化後表面への汚れ付着が大幅に低減。施工後も長い間施工当時の発色を維持します。

施工実績

《 公共施設 》
JR(東日本 他)・私鉄(東急電鉄 他)・地下鉄(大阪市営地下鉄 他)・モノレール(埼玉新都市交通 他)・横浜市歩道橋・東京都地下スロープ・筑波大学・東京音楽大学・日本工業大学・東京国際フォーラム・ネクスコ東日本SA・ネクスコ中日本SA

《 商業施設 》
横浜ランドマークタワー・六本木ヒルズ・丸の内周辺ビル・アウトレット・ららぽーと

《 その他 》
飛行機・新幹線・食品工場・マンション・温泉施設(浴室内)

お問い合わせ

工事に関するご質問、お問い合わせは下記までご連絡ください。

  • メールinfo@syouei-inc.co.jp
  • 電話045-949-1790
  • FAX045-949-1799
デモ施工・お見積もり無料
  • 防滑専門サイト
  • 滑って危険な床はございませんか?
  • お問い合わせ
  • ラージエリアES、ラージエリアESG
  • 防滑専門サイト
  • 滑って危険な床はございませんか?
  • お問い合わせ
  • ラージエリアES、ラージエリアESG